英語を学べば人生イージーに(プログラマ向け)


雑記

仕事が嫌で朝起きれないとか、満員電車に乗るのが嫌だとか悩んでいませんか?
もしあなたが、英語を学ぶことを始めればきっと今より楽な人生が待っていることでしょう。
英語学習は特にプログラマにはメリットが大きいです。
この記事では英語学習をすることで得られるメリット、そして学習方法をご紹介します。
記事を読み終わる頃には、きっとあなたも英語を学びたいと思ってしまうと思います。


英語を学ぶことで得られるメリット

  1. プログラミング学習が捗る
  2. 収入が上がる
  3. 人生の選択肢が増える

自分の考えるメリットはこの4つです。

1. プログラミング学習が捗る。

プログラミング言語というのは英語圏で開発されているものが多いです。そのため、コードを書くときに使う単語の意味がわかりどのような意味を持つものなのか簡単に理解することができます。
他にも英語圏で開発された言語というものは当然説明書も英語で書かれているものが多いです。
公式で出されているリファレンス(説明書)の方が情報が多く正しい情報が乗っています。
日本語で書かれた書籍もありますが、翻訳に時間もかかるため最新の情報を手に入れることは難しいです。(プログラミング言語は進化が早いので、できるだけ新しい情報を手に入れた方がいい)
githubなどオープンソースのコードのコメントも理解できると、ソースコードの理解も深まります。

2. 収入が上がる

日本にいて収入1000万円を稼ごうと思うと、有名大学を卒業し、大企業に就職し、出世街道を突き進んでやっと40代とかで手に入るくらいに難易度が高いです。
アメリカや中国のプログラマは新卒でも1000万円をもらっている人だっています。
(日本の正社員プログラマで1000万円もらおうと思うと、超優秀じゃないと無理)
日本ではエンジニアやプログラマは長時間労働で薄給というイメージがありますが、
実は世界では稼げる職業なのです。
(IT業界というのは毎年成長を続けており、それに伴って給料も上がってきています。)
日本は世界的に見れば給料は高いですが、日本は物価が高いため生活コストがかかります。
そのため高い給料をもらっていてもほとんどが消えていきます。そこで東南アジアの生活コストの低いところに住んでみると、生活コストを減らすことができ、結果的に手元に残るものが増えます。

3. 人生の選択肢が増える

収入が上がり、技術力をあげた英語を話せるプログラマは世界のどこでも需要があります。
そうなれば、あなたは日本で働く必要はないし、もしかすると自分が働く必要だってなくなるかもしれません。

どうやって英語を学ぶ

独学

最初に学習の方法として思い浮かぶのは、低コストでいつでも始めることができる独学です。
しかしモチベーションがずっとあるわけではなく、ほとんどの人が脱落していくことでしょう。

オンライン英会話

最近はオンラインで授業を受ける英会話も増えてきています。入会費も安く、教材も自分にあった物を選ぶことができます。
DMM英会話では24時間365日の受講が可能で、生活リズムに合わせた英語力の向上が可能です。

留学

この中で自分が一番オススメするのが留学です。理由は短期間で能力を上げることに最適だからです。留学先では当然言葉の通じる人は少なく、生きていくためにも真剣に現地の言葉を学ぶはずです。人間は追い込まれた方が能力が高まるので、お金に余裕があるけど、時間はないって人に一番一番オススメです。

その中でもフィリピンへの留学がオススメです。
生活費も安く、日本から近いため留学にかかるコストも安く済みます。



雑記
korekarakoreをフォローする
暇人大学生の日記

コメント